カテゴリ:新築( 8 )
T邸|雨を連れてきた板金屋さん
今日は夕方から傘マーク、早ければお昼過ぎからポツポツと、という天気予報。
昨日からつくっていた1階玄関先の下屋下地ができたのと申し合わせたかのように、板金屋さんから「午後行きます」と連絡があってお昼に登場、降る前にルーフィング貼れると思っていたら、ポツポツと...
c0193031_21195317.jpg

本降りは夕方かと思っていたら、しっかり降ってきてしまって、「雨を連れてきたんじゃないの」と大工さん達にひやかされながルーフィング貼って、「じゃぁ帰ります」と夕方帰っていったら上がっちゃうじゃないの雨...遠くに夕日まで見えちゃうし。

自作自演というか、でも濡れながら仕事してくれたのよね、中込のお父さん。
しかし今度屋根を葺く時は、晴れた日にお願いしますね。

それと今日は水道の村山さん親子
c0193031_21273510.jpg

大工の大滝ちゃんは基礎+土間にスタイロを入れてくれました。
c0193031_21271596.jpg

3時のお茶は、雨が降ってたので2階に上がって一服。
雨風の風はまだ防げないけど、雨は防げるようになってきて、まだ始まったばかりだけど少しずつ家になり始めたねぇ、なんて話しながら。
c0193031_21275952.jpg

[PR]
by drycake | 2014-01-30 21:31 | 新築
T邸|屋根下地
上棟してから2週間、金物入れながら筋交い入れて、ようやく屋根下地ができてきました。

1/22
垂木に乗っているのが中島さんでケラバの出来映えを見てるのが古関さん、写真が小さくて見づらいけど柱に隠れちゃっているのが大滝ちゃん。
c0193031_21265446.jpg

c0193031_21271779.jpg


1/28
で、足場にシートを掛けて、2階の屋根にルーフィングが貼れて、
c0193031_21351750.jpg

1階下屋の野地板が貼れて(あ、ほとんど見切れちゃってるけど大滝ちゃん)、
c0193031_2255274.jpg

河合は屋根に登って、外壁通気の通り道を手直ししてました。
c0193031_2149171.jpg

風は強いけど、日陰に比べると屋根の上はけっこう暖かくて、それにここからは富士山が見えるんです。下の皆には申し訳ないけど、気持ちの良い持ち場でしたわ。

c0193031_21524441.jpg

[PR]
by drycake | 2014-01-28 22:07 | 新築
T邸|上棟
ブログのほう、書かなくなると時間の経つのが早いというか...
随分ご無沙汰しましたが、少しずつ再開してみます。

2012年の春頃からお話しをいただいた住宅が上棟しました。
c0193031_222597.jpg

はじめは設計のお話しでしたが、施工まで請けさせていただくことになり、2010年夏に竣工したお煎餅屋さん「藤五郎」に続く2軒目の設計+施工の新築です。

昨年の夏に実施設計+見積りが終わり、確認申請、そして既存住宅の解体が終わったのが12月に入ってから。
地盤の予備調査のデーターが芳しくなく、既存建物解体後に再調査ということで、それでもデーターが悪ければ地盤改良となり、いまだに基礎工事をしていたところですが、改良の必要がないということで一安心。
年も押し迫っている時期でしたが、なんとか年内に基礎をと鳶さんに頑張ってもらって、工程通りに年明けに上棟できました(隆一くん、ありがとうございました)。
c0193031_21564437.jpg

c0193031_2157575.jpg

c0193031_21575574.jpg

c0193031_21584348.jpg

ということで、これからしばらくT邸に詰めます。
良い住まいになりますように。
c0193031_19012032.jpg

[PR]
by drycake | 2014-01-16 21:59 | 新築
地盤調査
今日は敷地の地盤調査を行いました。
スウェーデン式サウンディングです。
鉄の棒の先にヤジリをつけて、荷重を掛けながら何回転して沈むかを測定し、その摩擦(抵抗)から強度を割り出す工法です。

c0193031_2059971.jpg今回の敷地は山を削って宅地造成した土地なので地山部分まではけっこう柔らかく、なんらかしらの地盤改良を検討しなくてはいけなそうです。

ちなみにこのスウェーデン式が普及しだしたのはまだ20年くらいでしょうか。
はじめのころは町場の工務店さんや設計事務所ではなく、ハウスメーカーが品質を確保するために使っていたのを覚えています。経験値などに頼っていたのを数字化することで強度を見えるようにし、それがまた住まい手への営業の一つとして。




今から15年くらい前、独立しても仕事が無かった30代前半のころにこのスウェーデン式調査を行うところに3ヶ月くらいだったかアルバイトに行ったことがあります。
いろいろな宅地に行きましたが、25キロの重さで何メートルも自沈してしまったり、1メートルもしないところでもう下がらなくなったり。敷地の良し悪しは周りの環境だけでなく地べたも大切なんだなぁと、安い時給でしたが良い経験させてもらったのを思い出した一日でした。
[PR]
by drycake | 2010-10-20 21:37 | 新築
木製看板
先月竣工したお店の屋根に乗せている木製看板ですが、これを段取るのにけっこう時間がかかりました(バケットから撮った写真が出てきたので載せてみます)。
c0193031_12334054.jpg

看板屋さんに依頼すれば問題なくいくなと思って竣工1ヶ月前まで手付かずだったのですが、いざ相談してみると「木製看板はちょっと...」というお返事。
アクリルやシートなどの看板が主流になっていて木製看板、それも2400×750なんて大きさをつくれるところと取引が無いということのようで、それではこちらでインターネットなどで探すしかないと施主さんも巻き込んで焦っていたところ、看板屋さんのスタッフが通勤途中の道すがら木工屋さんを見つけてくれて、そこで本体をつくってもらえることになってようやく施工の見通しがたったのでした。

木製看板自体つくっているところはインターネットで探せばいろいろとでてきますが、木の材質や文字のフォントや大きさなど、細かな打合せが必要な今回の看板などはやはり足を運べるところでないとと思っていたので助かりました。

お願いしたのは板橋区にある「木香家」さん。
こちらは無垢の木にこだわっている木工屋さんで、家具から内装まで設計+施工されるところです。木の選択から文字のアレンジなど、こちらのわからないところまでアドバイスいただき、またお忙しい中、開店に間に合わせていただいたり、代表の石塚さん、本当にありがとうございました。
[PR]
by drycake | 2010-08-19 13:05 | 新築
お湯取り
12年前の独立して2年目に設計した住宅はOMソーラーのフォルクスハウスという構造システムを使って設計したのですが、空気を集熱するファン部分は標準のものではなくこちらで欲しい部分だけで構成してもらったシンプルなファンボックス、チューンアップの逆のチューンダウンしたものでした。

それはOMでお湯を取ることを考えると、貯湯槽という設備が必要となり一昨日も書いたように給湯の水圧が下がってしまいますし、基本的にお湯を取れるのは床暖房が必要でない季節だけということを考えると、床暖房にはOM、そしてお湯取りには矢崎製の屋根置型集熱ユニットを並列させ、それぞれの役割(長所)を活かすことを試みました。
c0193031_2062437.jpg
c0193031_2063430.jpg

お湯取りをしなくてよい集熱ファンはとてもシンプルになり、矢崎製のお湯取りユニットは一年中お湯をつくってくれます。
夏、屋根で暖まっている熱をただ捨てるのはもったいないかもしれませんが、床暖房が必要でない季節だけのために設備を重くするほうがもったいないと判断しての選択でした。

設計に正解は無く、良し悪しの本性は設計者や住まい手の好き嫌いという好みだと思います。
構造的に成り立たないとかそいう類の良し悪しはありますが、住まい方や特にエコロジーは思想の上にあるものなので何が適切な回答になるか、その都度答えは違いますが、設計の基本は求められていることを整理し再構築するとことで、それもシンプルにでしょうか。

久しぶりに古い図面を見ながらまた住宅の設計をしたいなぁと思うこの頃でした。
[PR]
by drycake | 2010-08-05 20:07 | 新築
藤五郎、オープン
設計+施工で4月中旬に着工していた新築のお店が本日無事にオープンしました。
新築の設計+施工と全て任せていただいたお煎餅屋さんです。
外観は和風ですが鉄骨の2階建て、街道沿いのファミリーレストランのガストさんの駐車場に面していて、一見フードコートのような配置になっています。
c0193031_22455540.jpg

オープンして間もなくご近所の方々がお花を持って続々とご来店、ワイワイとお話ししながらお煎餅を選んでいました。
大型店舗やコンビニなど、買い物には便利ですが地域の方々がお買い物しながら溜まれる場所が少なくなっていますが、このお店には縁台があって、知り合いがいればちょっと寄っておしゃべりしたりができそうです。
日常の暮らしの中で活きる場所になってくださることを願っています。
[PR]
by drycake | 2010-08-01 23:08 | 新築
オープン間近
今年の1月から関わりはじめた店舗がようやく開店します。
今日は最後の工事となる隣地との取り合いのアスファルト補修。
あさっての8月1日オープンなのでギリギリというか、いやいや上手く納まってくれました。
c0193031_23173064.jpg

ハウスフィールドは住宅系の設計+施工なのでアスファルトを扱う施工者さんとのつながりがなかなか見つからなかったのですが、たまたま実家の隣の新築絡みで2項道路の工事をしていた(株)飛鳥さんと知り合いお願いすることに。

今はネットとかで業者さんを検索することも簡単ですが、やはり人のつながりというか顔を見ながらお話しして五感を働かせて人を見るほうが確かだと、アナログ的で効率悪いかもしれませんけど、そうやって少しずつ人とつながっていければと。

(株)飛鳥の束原さん、ありがとうございました。
[PR]
by drycake | 2010-07-30 23:45 | 新築



housefield Blog
by drycake
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31