カテゴリ:メンテナンス( 31 )
三鷹の家の改修(5)
ようやく三鷹の家の改修が終わりました。

木工事が終わって、ダメ直しの塗装が終わり、新しく付けた窓用シェードの受け金物などが付け終わり、2ヶ月強の工事が終了しました。
c0193031_14452720.jpg

c0193031_14455669.jpg

1999年に設計させていただき、2000年に竣工し築17年。
竣工した当時は、自分が施工サイドにまわってお付き合いするとは思っていませんでしたが、こうして施工者の立場で自分が設計したものに関わると、良いも悪いも全てが見えます。
設計と施工を分けていた時には分からなかったことや、責任を誰かに押し付けることができない分、一貫した家づくりに関わることが嬉しく、施主さんに首にならない限り関わらせていただければと思いながら、今後とも宜しくお願い致しますです。
[PR]
by drycake | 2015-08-08 15:00 | メンテナンス
三鷹の家の改修(4)
今日は久しぶりに快晴、昨日雨の中やっていたバルコニーの続きと、大工さんも二人体制にてデッキ工事です。
c0193031_20244320.jpg

サッシ屋さんはバルコニーを進めながら、これもバルコニー同様、もともと木製だった2階の花台を、アルミ製の既製品に交換です。
c0193031_2028676.jpg

大工さんは、一昨日と同じくしデッキの続き。
c0193031_20382176.jpg

デッキ材のマサランという材、イペほどではないにしろ、アイアンウッドと呼ばれるだけのことはあって、ビスの下穴をドリルであけたり、ビス頭をもぐらせるよう座彫りしたり。それにけっこう曲がっていたりするので、その癖を取りながら固定したりと、なかなか手間がかかります。
c0193031_20391428.jpg

サッシ屋さんは、頑張っていただいて今日で終わり。
応援の福嶋さん、二日間ありがとうございました。明日の夕方はゴルフ練習場でお会いしましょう(^_^)
c0193031_20571859.jpg

[PR]
by drycake | 2015-07-10 20:58 | メンテナンス
三鷹の家の改修(3)
ここのところ雨が続いて、現場の進みが遅くなっています。
昨日は夕方降るまでデッキを張っていましたが、さすがに今日は大工さんお休み、違う現場に行ってもらいました。
c0193031_20215385.jpg

しかしサッシ屋さんは決行。
今日明日でバルコニーを段取っていて、ちょうど大工さんがいないうちにデッキ絡みの柱ができれば、ということで、合羽を着て頑張ってもらいました。
c0193031_20254480.jpg

明日は曇り~晴れとのことなので、引き続き完成を目指します。
大工さんも2人戻ってくるので、明日はお互い譲り合いながら怪我の無いよう、頑張りましょう。
ただ...、お喋り好きな人が双方にいるので、口より手が動いてくれるといいのですが...
[PR]
by drycake | 2015-07-09 20:32 | メンテナンス
三鷹の家の改修(2)
外装の塗り直しが終わって、足場がバレたので、今度はテラスデッキの造り直しです。
c0193031_21142798.jpg

この住宅の敷地は、前面道路より高い位置にあるため、設計上での平均地盤が高く、木造2階建てなのですが、RC造での地階を設けることができ、実質3層造の建物です。
高低差を利用して、道路面にガレージスペースを設け、上部に1階リビングから出られる、鉄骨造のテラスをつくっています。
築16年、その間何回か施主さんがキシラデコールを塗ったりしましたが、できればメンテナンスが軽いものをということで、今度のデッキは米杉からイペに似たマサラン材となります。
c0193031_2124164.jpg

また、デッキからの雨が車に落ちないよう、後からポリカーボネイトの波板を張り上げていたものも交換するのですが、その現調に板金屋さんが来たところ、「ポリカじゃなくて板金で屋根を作っちゃえばいいのに」と...。
c0193031_21152837.jpg

デッキ下の根太に、ガルバリウム鋼板を瓦棒葺きのように架け、板金自体に勾配をつけながら、左右に箱樋をつくる案です。
c0193031_21233769.jpg

いやいや、ポリカの波板を張るより手間はかかりますが、これだと一切雨が落ちてくることは無く、設計的にも理にかなっており、なんで自分が発想できなかったかと、残念というか悔しいというか。

いつのまにか視点が狭くなって、柔軟な発想ができなくなっているんだなぁと、良い勉強になりました。中込板金の若社長、些少ですが、施工費に設計費を上乗せさせていただきますよ、ありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by drycake | 2015-07-03 21:37 | メンテナンス
三鷹の家の改修(1)
またずいぶんとご無沙汰してしまい...
いつまた手が止まるかもしれませんが、頑張ってbrog再開です。

HPにも載せさせていただいています、設計=ハウスフィールド(河合隆設計事務所)、施工=(株)滝新で、2000年に竣工した住宅の、主に外装+外構の改修です。

早いもので築16年、大きなクラックなどが無いため、外装の塗り直し時期を延ばして様子を見ていましたが、北側外壁など、日の射さないところに苔などもついてきたり、屋根(ガルバリウム鋼板一文字葺き)の折れ曲げ加工した部分にサビが出てきたと、そろそろかなということで、外装塗り直しとなりました。
c0193031_21365751.jpg


合わせて、ガレージ上部のあるテラスデッキなども新しく作り替えるのですが、2階の木製バルコニーはアルミ製の既製品に交換することになり、足場を架ける前に撤去しました。
c0193031_21363249.jpg


梅雨時期にかかってしまった工事ですが、6月下旬までは、けっこうお天気が持ってくれて塗装もはかどり、足場は3週間ほどでバラすことができました。
c0193031_2140299.jpg


屋根は、太陽熱を集熱するソーラーシステムとなっているため、ほとんど黒色のジェットブラック色で、外壁は既存色で良いとのことで、元の色を踏襲しました。
クラックがほとんど無いと思っていましたが、高圧洗浄をかけたところ、そこそこクラックが入っていて、改修には良い時期だったようです。

外壁塗装は、シーラー+上塗り2回のつもりでしたが、クラックのこともあり、天田塗装さんから微弾性のフィラーを入れたほうが確実、とアドバイスをもらい、金額も協力してもらって綺麗に仕上がりました。

足場がバレたので、現在はテラスデッキの交換に移りましたが、それは次の(2)で(^_^)
[PR]
by drycake | 2015-07-02 22:00 | メンテナンス
勝手口扉|交換
だいぶ前にキッチンを改装したお宅から、勝手口扉の具合が悪くなって...
とご連絡を受けました。
c0193031_2394548.jpg

築30年以上の木造住宅で、勝手口扉は川口技研の通風タイプなのですが、扉の面材が錆びてきているのと、戸当りのパッキンがヘタってきて、しょっちゅうゴキブリさんが出入りしてしまうとのことで、扉を交換しますか、ということになりました。

方法としては
1、枠ごと撤去して、新しいものを取付る
2、枠はそのまま残して(使って)、扉だけ新しいものにする
3、枠は残すのですが、その内側に一回り小さな枠+扉をつける(カバー工法)

1、は外壁を壊してから枠を撤去して、新しいものを取り付けてから、左官屋さんが外壁を補修して+塗装屋さんがバターンを吹いて色を塗る...
けっこう大事になりますし(金額も)、既存の枠を取ると、雨仕舞いが悪くなってしまうのも気になるので、1、は却下。

2、は既存の枠と新しい扉のメーカーが違っても取付可能なので、一番簡単=ローコストなのですが、既存枠の機密性が改善されないということで、これも却下。

で、3、のカバー工法に。
開口巾が50ミリ小さくなってしまいますが、出入りに影響はないということで決定です。
c0193031_23223348.jpg

既存枠の下枠だけは、既存を残してしまうと段差ができてしまうので撤去し、朝9時から、下枠の土間とのモルタルを補修して終わったのが2時くらいでした。
c0193031_2325376.jpg

扉の巾が小さいので、ドアクローザーのアームの強さが少し気になりますが(強すぎるのですが、この強さの調整はできないということで、メーカーさんももう少し頑張ってくれるといいのですが...)、通風の量が増えたり、ガラスになって勝手口が明るくなったのが嬉しいと喜んでいただけました。

今回選んだのは、トステムのリシェントというカバー工法の勝手口扉です。
カタログからコレですね、と選んだだけで、納まりや工夫など、設計の出る幕がない仕事で、そんな簡単な既製品を使うのが設計者としてどうなの...、ちょっと安易で手を抜いてるんじゃない..、などと自問自答しないわけではないのですが、求める機能やデザインに合う既成品があって、その価格が適正であれば、それを選択するのも良い設計のうちと考えていますので、今回はトステムさんで良かったと思えますし、大きなリフォーム工事でなくても、住みやすい家にしていくお手伝いってできるんですよね、と。
[PR]
by drycake | 2011-08-11 23:54 | メンテナンス
H邸改修|外壁塗り直し|完成
H邸の外壁塗り直しが、ようやく終わりました。
c0193031_22312038.jpg

先週中に足場はバレたのですが、天気がはっきりせず、残るダメ込みが今日になってしまいましたが、ようやく終了です。
梅雨時期のスタートで、1ヶ月ちょっと掛かってしまいましたが、クラック補修の量、窓枠の補修が予想以上だったことと、出窓の屋根の防水補修などが増えたにしても、まあまあ良い仕事ができたというか、毎日ご覧になっていた施主さんに喜んでいただいているのが何よりでした。

お昼には現場を出て、H邸は横浜市なので帰りがけ、久しぶりに港北のIKEAに。
c0193031_2384662.jpg

今月引越しを予定しているので、今日は人のためでなく自分のために家具の物色なのですが、買うか、それともいつも通りにランバーでつくってしまうか...
もうしばらくいろいろ見てかなぁと考えながら、とりあえず何も買わずにレジをスルーし、レジの前にあるfood marketで、あれば買ってしまう美味しいソースだけはゲットです。
c0193031_231813100.jpg

でも¥299って安さだったかしら(驚)。
円高のおかげなのかしらと、たくさん買い込もうと思っても、賞味期限があるので今日は一つだけに。
いやいや、お得な買い物でした。
[PR]
by drycake | 2011-08-02 23:21 | メンテナンス
H邸改修|屋根防水
今回、外壁の塗り直しがメインですが、足場を架けると、いろいろな不具合が見つかります。
H邸では、サッシまわりの木枠が傷んでいるのが始めからわかっていたので、足場が掛かってから点検し、交換が必要なところを補修しましたが、「えっ」と驚いたのが出窓になっているところの屋根でした。
c0193031_16552514.jpg

一般的には瓦棒とか一文字葺きとか、板金で作ることが多い屋根ですが、なんとドブにしてあり、困ったことに排水口のパイプの接着(?)が切れて、そのパイプが飛び出しているのと、屋根軒先の勾配が排水口とは逆側へとなっていたり...。

この状態では、雨水が排水口に入ることはほとんど無く、屋根の板金とパイプの隙間から屋根内部に入っているのは明らかで、しかし幸か不幸か、屋根の軒先が300ほど出ていて、そこの軒裏に漏れて外部に落ちるだけで、建物内部(室内)には漏れていなかったようです。
ただ、軒裏のベニヤは腐っていて、もちろんこのままではいけないので、急遽防水屋さんを呼ぶことに。
c0193031_174331.jpg

陸屋根の防水と同じように、シート+ウレタン防水をし、軒裏も珪酸カルシウム板で補修しました。
c0193031_1782751.jpg

何故、わざわざドブにして作ったのか...、施主さんも「え~」っていう感じで、新築時の設計者の判断(雨樋が付くのを嫌ったとか)のようですが、足場が掛かって家全体を見回せるようになると、このようなケースは稀だと思いますが、不思議な納まりを発見することもあるのでした。
[PR]
by drycake | 2011-07-26 17:27 | メンテナンス
H邸改修|外壁塗り直し|色決め
ほんとうに毎日暑いです。
梅雨が早く明けてくれたのは助かりますが、明けたとたんに猛暑とは...、外壁塗装としては助かるのですが、外部作業のみなさん、さすがに塗装は手伝えず、作業の横から口を出すだけで申し訳ありませんが、くれぐれも体調崩さないように気をつけてくださいね。

で、H邸の外壁塗り直しの途中経過です。

今回塗るのはSK化研のアクリル樹脂系のベルアートという塗料です。
最近は一つ上のグレードのシリコン樹脂系の塗料が出てきていて、ベルアートにもSiというものがありますが、今回は家との耐久性のバランスや、予算的な考えもあって、従来使っているアクリル樹脂系を選択しています。
c0193031_11264321.jpg

この塗料にはけっこうな数の色が標準色として用意されていますが、当初施主さんは、どうせ塗るならと青とか緑をイメージされていたのですが、アパートではない戸建ての住宅で、そのような色で本当にいいのか、私自身自信を持って良いですねとは言えず、近所を偵察したり、北欧あたりの本を参考に見たりした結果、アースカラーでもあるレンガ色でいくことに。
ただ、今回使用する塗料の標準色の中に、気に入った色が無いということで、これはという紙の色を元にして、何色か実際のサンプルをメーカーに作ってもらい(サンプルは無料でつくってくれます)、ようやく色が決まりました。
c0193031_11295459.jpg

レンガ色に少し赤を強くした色です。青や緑ではなくなりましたが、施主さんとしては、塗り直したぞというのか、インパクトは持たせたかったんだなぁと。
艶消しなので、いかにも塗り直しましたっていうテカテカ感はなく、自然な風合いに見える塗料なので、強い色でも馴染んで見えますし、窓枠や雨戸などの白色があることで、きれいに映えてくれると思います。
あと1週間くらいでしょうか、足場がバレるのが楽しみです。
[PR]
by drycake | 2011-07-16 11:33 | メンテナンス
草むしり
以前リフォームしたお宅で、ハンガーパイプを取り付けに行ったついでに、草むしりをしてきました。
c0193031_16403062.jpg

と言っても、パイプの取り付けは15分くらいで、草むしりは3時間...
草むしりのついでにパイプを付けた、ということかと。
c0193031_16431333.jpg

今日の天気予報は曇りだったので、ちょうど良いと思っていたら、すぐに太陽が出てきてしまって...
「そうなのよね、夏になっちゃったのよね...」
「真夏のゴルフに比べたら、まだまだこのくらい...」
「いつかは終わるんだから...」
などなど、
独り言を言いながら、なんとか頑張りました。
c0193031_1641113.jpg

お年寄りの施主さんがお住まいなので、行ったついでに草むしり(ついでじゃなくなっちゃうんですけど)するんですが、暑さ寒さは大変でも、土をいじるのはいいなぁと思います。
何かの幼虫や団子虫、カタツムリやカマキリの子供がうろうろしてたり、小さい頃、一生懸命に遊んでいた頃を思い出すというか、子供の頃と大人になってしまった今が繋がっている感覚というのでしょうか、うまく言えませんけど、なんとなくいいなぁと。

今日はたしか彼岸の入り、さっぱりきれいになってご先祖様お迎えできると喜んでいただき、汗をかいた甲斐がありました。
[PR]
by drycake | 2011-07-13 16:44 | メンテナンス



housefield Blog
by drycake
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31