タグ:その他 ( 3 ) タグの人気記事
新しいスタッフ(車)が来ました
31歳で独立してから今まで、設計事務所を自負してきたこともあって、打合せから現場監理まで乗用車1台で動いてきましたが、フットワークを軽くするために軽ワゴンを手に入れました。
c0193031_18173639.jpg

個性のある車が好きで、新車を買うお金はないので全て中古車、独立してからはフォルクスワーゲンのゴルフⅡを2台乗り継いで、数年前からはボルボの850エステートで動いていましたが、設計だけでなく常に施工まで行うようになってくると、小回りがきいて燃費が良くて残材も乗せ放題っていう車がいいなぁということで、人生初めての新車、ボルボさんは打合せ用として、日頃は軽ワゴンでという布陣になりました。

今回お世話になった車屋さんは「江口モーター」さん。
現場で「車をねぇ」と雑談していたら、最近お付き合いしている大工さんが「家の婿さんが車屋だよ」ってことで、速攻相談に上がって、はじめは中古車(度胸が無いので)を探してもらっていたのですが、軽ワゴンの中古車ってそんなに新車とかわらなくて、だったら今後の仕事も腹をくくると言うか、良い機会だから新車だぁ、ということに。
で、どうせならコソコソするより宣伝しながらのほうが良いと考え屋号を入れようと、これも江口さん自ら貼ってくれました(デザインは手前味噌ですけど自分で)。
新しいスタッフが入った感じで、今後の事務所の行く先が楽しみです。

そして今回、いろいろと面倒を見てくれた「江口モーター」さん、そして縁をつなげてくださった大工の五十嵐さん、ありがとうございました+これからも宜しくお願いしますです。
by drycake | 2012-05-22 18:52 | その他...etc
今日は雨なので...
屋根改修の現場、残すところ大工さん一日+塗装屋さん一日+雨どい取付と、2日半くらいで終わるのですが、今日は雨で大工さんが入れず...
見積とか発注とか、することはあるのですが、せっかくの雨(現場が動かないので半分お休みモードというか)なので、気になっていた鎌倉の近代美術館で展示されている「石元泰博写真展ー桂離宮1953、1954」を見てきました。

雨の第三京浜を、最近海を見てないなぁと藤沢に向かってちょっとドライブ、
c0193031_1773036.jpg

藤沢を通り過ぎて江ノ島に出て、
c0193031_178553.jpg

国道134号で鎌倉に向かって(右の写真は鎌倉で曲がるのを躊躇しちゃって逗子の海岸)、
c0193031_17102425.jpg

多分10年以上振りの坂倉順三氏設計(竣工1951)の近代美術館へ。
c0193031_17144224.jpg

桂のディテールを白黒で切り取った美しい写真ばかりで、桂の見方を石元泰博氏の目を通して教えてもらうツアーのようでした。しかし、この建物が1600年代に造られていたとは本当に驚きで、それから300年以上経つ現在、末席ながら建築でご飯を食べているものとして、自分のできることの小ささなど、あらためて謙虚に対峙しなくてはと、雨の降る鶴岡八幡宮をお参りしたのでした。
c0193031_1731186.jpg

ちなみに、右の写真、八幡さま本宮の西側にあるもので、大分の宇佐神宮と繋がっている場所とのこと。今まで何度も訪れていてまったく気がつかなかったのですが、何故か今日はここに目が釘付け、しめ縄の結界の向こうがとても綺麗というか凛としていて、このスペースだけまったく違う空間に感じられ、上手く書けませんが、鶴岡八幡宮のヒミツを知っちゃったような、妙な体験をした一日でした。

ということで、余韻に浸るのもここまでにして、後回しにしていた見積りしなくてはです。
by drycake | 2012-05-15 17:54 | その他...etc
G邸改装|そろそろ完成
2月下旬から入っている改装現場がそろそろ終わります。
c0193031_21443249.jpg

この現場は設計と設計監理だけで、施工は施主さんとお付き合いのある方々が入っています。というもの、施主さんは内装会社の社長さんで、事務所スペースを居室にするという工事でした。

日頃仕事を頼んでいる設備屋さんから、お付き合いの古い内装会社さん宅の設計と監理をと紹介されたのが昨年末でした。

施主さんご自身が建築関係ということもあって、当初はご自身のお付き合いのある各業者さんで進めるニュアンスだったのを、改装の相談を受けた設備屋さんが「設計屋を入れないとまとまらないよ」ということで自分を紹介してくれました。

あまりこだわりが無かったり、ただ部屋をつくればいいんだからといった内容であれば、そもそも建築関係者さんなのですから現場は進むと思いますが、限られたスペースに要望と使いやすさを入れ込むには、全体を考える役割を誰かがしないとまとまりません。
職人さんにそれを求めても、基本的にはそれぞれの職種のことしかわからないことが多く、結局全体をまとめられるのは設計者か、設計という視点を持っている監督さんかと。

これを機会に、今回知り合えた施主さん、そして職人さん達と、これからもご縁が続きますようにです。
by drycake | 2011-03-09 22:14 | リフォーム


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31