タグ:キッチン ( 2 ) タグの人気記事
キッチン排水管の臭気止め
以前、ネズミ退治におうかがいしたお宅で、キッチンの排水管の臭気止めをつけてきました。
c0193031_2223213.jpg

ネズミの侵入口らしき基礎の穴を塞いで、室内にはネズミ退治用のエサを置いて様子をみていたところ、それからは出てこないようで、どうやら上手くいったようです。

ただ、床下から室内に入ってくる進入口(経路)はまだ発見することができず、引き続きネズミ退治作戦は継続中、今日はキッチンの排水管まわりをチェックしましょうということで見てみたところ、排水管まわりには床下への出入り可能な隙間は無かったかわりに、シンクからの排水ジャバラ管が、立ち上がりの塩ビの排水管にただ入れてあるだけということが判明し、急遽ホームセンターまでゴムパッキンを買いに行きました。

この排水管にジャバラ管を挿しただけ(隙間はそのまま)というのは、けっこう見かけます。
最近の新築ではそうでもないと思いますが、少し古いと、ただ挿しただけか、ビニールテープで巻いたんだけど、給湯の熱や湿気などで用を足してないとか...
この部分はキッチンキャビネットの下に隠れてしまう部分なので、施工するほうもいい加減(忘れちゃう?)になりやすいのですが、キッチンで排水の匂いがするときには、たいていこの部分が原因です。
臭気だけでなく、下水管からネズミが上がってくることもありますので、気になるかたは一度見てみるとよいかと。

ちなみにこのパッキンの名称は忘れちゃいました。
現場近くの浜田山のオリンピックに行きましたが置いてなく、狛江のユニディで手に入れました。
はじめからそんな気がしてたんですけど、やっぱりここらへんだとユニディでした。
[PR]
by drycake | 2011-04-19 22:54 | メンテナンス
T邸改修|キッチン改造
外壁の塗り直しに入っているお宅でキッチンの作業スペースを広げました。

中央の作業スペースが850㎜と、一人で作業するには問題ない寸法でしたが、最近はご主人も一緒に立つことが多くなってきたとのことなので、250㎜広げるましょうということになりました。
c0193031_20384430.jpg

タモ集成材の甲板をジョイント部分で外して、
c0193031_2046524.jpg

下の箱を250㎜ずらして甲板のジョイントをきれいに加工して、
(ちなみにこの方、12年前にこれをつくってくれた箱屋工房の賀山さん)
c0193031_20474751.jpg

同じタモ集成材を入れてペーパーかけて、
塗装は後日、雨で外部ができない時にということで、
c0193031_20512323.jpg

850+250=1100の作業スペースとなり、
c0193031_20524178.jpg

もともとの位置にあった電気配線も動かして、その穴もきれいに埋め木してもらいました。
(急遽、忙しいところ来てくれた電気設備の佐々木さん、ありがとうございました)
c0193031_20541492.jpg

とくに手間取ることもなく、ローコストを目指して家具屋さんにシナランバーで単純につくってもらったのが良かったというか、これが既製品のシステムキッチンだったら、こう簡単に改造できませんでした。

家は新築時に完成となりますが、それは「ひとまず」ということで、つくるのが終わるということではないのかなと。
今回の外壁塗装もそうですが、維持するためのメンテナンスはある周期で必要となり手を掛けなければいけませんし、家族構成やライフスタイルが変わったりして改装することもあったり、家というのは常に未完成状態と捉えていたほうがよさそうだぞと、それならば「張り替えたり」「造り直したり「動かしたり」など、切ったり貼ったりしやすいように考えておくのも設計のうちかなと、いやいや良い一日でした。
[PR]
by drycake | 2011-03-04 21:24 | リフォーム



housefield Blog
by drycake
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31