人気ブログランキング |
タグ:収納 ( 4 ) タグの人気記事
和室の押入改造|クローゼット収納
3月下旬から4月下旬まで入っていた、マンションの住宅改装のお宅のクローゼット内部の棚をつくりました。
リビング横の和室を撤去し一部屋にした際、和室にあった押入れも洋風のクローゼットに造り直したのですが、物を整理した後にどのくらいの収納が必要になるのかが、着工前の設計時には判断しづらく、それでは戻られてから2期工事として取り掛かればということで、内部は内張りをした状態でお渡しし、数週間過ごしていただいて何が入るのかがようやく分かってきたので、設計+施工です。
c0193031_1931467.jpg

実質二日間の工事でした。一日目は現場での加工をできるだけしないよう(住み始めたところを汚してしまいますし、お隣にもご迷惑になりますから)、現場ではなく材木屋さんで合板のパーツ化の作業です。今回はシナランバーコア21ミリの4×8(約1200×2400)の板を2枚使い、設計図を見ながら天板、側板、棚板などに切り分け、棚受け金物なども切り揃えておいて、二日目に大工さんと組立てです。
c0193031_19115248.jpg

もともと和室の押入れなので奥行きが深く、ただハンガーパイプで洋服を吊るだけでは空間が余ってしまうので、日頃はあまり使わないものが収納できるよう、奥に深さ24cm程度の棚をつくり、捨てられない和服用の箪笥の寸法に合わせて左右を分けました。上部は奥行きそのまま使える棚になっていて、お客様用の布団の置き場所も確保、ようやく物が片付くようになりました。
c0193031_1912334.jpg

多少大きな改装の場合ですが、今回のように工事を分けて、だんだんと造っていくことをお勧めすることがあります。お打合せを重ねて、これでOKと現場が始まり、使い始めてみたら「こうじゃなかった...」というのは悲しいというか、確実に予測できないことは答えが出るまで待つ、待っても良いような流れを考えるというもの設計の一部かと思っていますが、いやいや、バランスの良いクローゼットが造れました。
by drycake | 2012-05-28 19:46 | リフォーム
物置収納
この2日間、物置の棚をつくってました。
以前、リフォームさせていただいたお宅の地下にある物置で、新築時に大工さんがちょこっと棚をつくっていましたが、特に何を何処に置こうかということでつくったものではなく、施主さん自身が新たに棚をつくるということもなく、いやいや、日曜大工が趣味であれば別ですけど、なかなかつくれるものではありませんし、結果床に物があふれるように置かれるようになっていき...
c0193031_20131827.jpg

お子さん達も夏休みになって、そろそろ物を整理しないと、ということで、今度は物の量と置き場所を考えて、奥行き800と600の棚をシナランバーとガチャ柱でつくりました。
c0193031_20183627.jpg

可動棚だけでは、物を押し込むだけの使い勝手いまいちの収納になってしまうので、今回はクローゼットに入りきらない洋服のために市販の幅900のワードローブロッカーと、細かなものも整理できるように、これも市販の押入れ用の引き出しを組合せています。
c0193031_20225037.jpg

市販の押入れ用の引き出しを棚に入れ込むやり方は、今までも何回かやっていて、コストを抑えながら機能的で(棚や引き出しを組み替えたり、買い足したり)、見栄えもまあまあ。家具屋さんに引き出しなんか頼んだら、とんでもない金額になっちゃいますから、物置やウォークインクローゼットなどには、このやり方をお勧めしてます。

ちなみに今回使った引き出しとワードローブロッカーは、アイリスオーヤマの通販品で、引き出しw440×d740×h300の2個セットが¥4.960、ワードローブロッカーは¥2.480と、なかなか良い買い物=設計ができたと、ちょっと自画自賛でした。
by drycake | 2011-07-29 20:42 | リフォーム
本棚
今日は土曜日、急ぎの仕事も無いので事務所の本棚を改造してました。
YouTubeで懐かしい音楽を探して聴いていたら、部屋で眠っているレコードをまた聴きたくなって、それじゃあ常に聞ける状態にしようかしらと。
c0193031_133661.jpg

仕事しながら聴くのであればCDやラジオのほうが手間がかからないで楽ですが、仕事の合間(気分転換)に気に入っている昔の曲を聴くのもいいかなと、建築の本とか整理してレコード並べてプレーヤーのスペースを確保したのでした。
10年振りくらいか針を落としてみたら、10代や20代の頃の自分とまたつながったというか、反射的に笑顔になって笑ってました。ジャケット見ながらレコード取り出して針を落とすとノイズの音がパチパチいって、まだかなと思っていると曲が流れて...。なんだか曲を大切に聴くというか、これでまた元気にお仕事頑張れるかなと、キャロルのジャケットなんか見ながら思うのでした。

ちなみに事務所の家具のほとんどは現場で余ったりしたランバーコアの合板で簡単に組んだものです。レイアウトを変えたり移動するときのために、簡単にバラせてコンパクトな板状に戻るよう接着剤は使わないでビスで組んでいるだけです。
3×6を3もしくは4分割した板を必要な長さで組み合わせて、ビス穴が開いていようが多少奥行きが足りなかろうが、本や物がのって棚としての用が足りれば問題ないですから、現場でランバーが余ると喜んで引き取って来ちゃうのでした。
by drycake | 2010-08-21 13:28 | その他...etc
階段下収納
昨年の秋に改装した住宅で保留にしていた階段下収納に棚をつくってきました。
階段の奥行きが1365と通常の910より深いのでどんな使い方が良いのか、しばらく使いながら様子を見ていた場所です。
c0193031_1610569.jpg

奥行きがあっても結局使うのは手前の450くらいまでで、その奥はというと一度入れたらさて何を入れたやら状態だったので、1365と深い奥行きを910にし(背板を手前につくり)、手前には背の高いものが置ける450ほどのスペース確保+450の棚をつくりました。

家の中は有効に使いたいものですが、階段下などはスペースがあるようで使い勝手からするとなかなか難しい場所です。空間が少しでもあれば収納を工夫して増やしたくなりますが、しかしただ収納スペースをつくっても何がどこにあったかわからなくなればまた同じものを買ってしまったりしますし...。

増える物のために収納はいくらあっても足りないのかもしれませんが、収納があるからまた物が増えるのか...。
物を消費することで経済が回るようになってしまった現代では物を増やさないでというのもかなかな難しいのかもしれませんけど、物が無かった(依存していなかった)時代の日本家屋ってきれいだったなぁなんて思いながら大工さんしてました。
by drycake | 2010-08-12 16:32 | リフォーム


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30